第5回あきた寺子屋 ゲスト講師 須崎 裕さん

Pocket
LINEで送る

第5回あきた寺子屋ゲスト講師のご紹介!

■応募はこちらから

【プレスリリース】第5回あきた寺子屋が始まります!

%e9%a0%88%ef%a8%91%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab1

■須崎 裕さんプロフィール

Travel Design株式会社 代表取締役社長
1985年2月19日生まれ。大阪府枚方市出身、秋田市在住。

京都市の高校を卒業した後、海外留学に憧れ長野県のホテルで働き学費を稼ぎ、1年間英国へ留学。
帰国後、帝国ホテル(東京)での勤務を経験。
秋田で暮らすきっかけとなったのは、国際教養大学に入学した事から。
独自の英語教育を展開し、国際色豊かで、さまざまな価値観をダイレクトに感じる事ができる環境から国際教養大学が目に留まる。

20161028-111921.jpg在学中に地域の方々と観光開発を進め、2014年、「Travel Design株式会社」を設立。
秋田のあれこれを英文で紹介するインターネットサイト「Concierge,Akita(コンシェルジュ秋田)」を立ち上げ、角館武家屋敷や大曲の花火、秋田犬といった有名どころから、羽後町でのそば打ちまで、幅広く取り上げている。

須崎さんは、ホテルでの勤務で、海外からの観光客の多くが日本の田舎に興味を抱いていることを感じた。
一方で彼らが田舎に行っても、受け入れる側の準備が整っていないがために物足りなさを感じていることも知った。「もったいない。海外と地方をうまくつなげることができれば、起業できるんじゃないか」と直感したそう。

どうすれば秋田の魅力を海外に広められるだろう?

須崎さんご自身が秋田で暮らしてみて感じた、「秋田の人たちも自覚していない観光素材」を掘り起こし、海外に発信することこそが地方都市がインバウンド観光に入り込むきっかけになると考えた。
時には東京都内の旅行会社に 直接ツアーの企画を売り込むこともあるそうです。
「既存の会社ができないことをやりたい。自分にしかできない方法で外国人を秋田に連れてきたい」と熱く語って下さいました。

講聴ポイント!

外国人観光客が求める、「日本らしさ」満載の観光とは?

秋田を世界に売り込むまでの実体験とは?!

近年の訪日外国人の増加、東京オリンピック開催など、日本に訪れる外国人はまだまだ増える兆しがあります。
地方都市がいかにインバウンド観光に乗り出し、受け皿整えるかが地域経済の発展、地域の賑わいにつながる鍵になるのではないでしょうか??
是非、「あきた寺子屋」へお越しください!

■公式HP:あきた寺子屋 はこちら

あきた寺子屋Facebookページ

■応募サイト

【プレスリリース】第5回あきた寺子屋が始まります!


ご相談は
お問合せする
をクリック!

●個人の方向け
就職相談(学生)、転職相談(社会人)、メンタルヘルス相談
履歴書・ES添削、面接対策、筆記試験対策、資格試験対策

●自治体様向け
ワークショップ(生涯学習、地域協働、ダイバーシティ、男女協働参画、地域づくり、夏祭り企画、イベント企画、人口問題、若者支援)

●企業様向け
新入社員研修、若手研修、中間管理職研修、経営者研修、採用実務代行、人事研修、インターンシッププログラム相談
秋田就職総合研究所
秋田県秋田市山王3-1-1 秋田県庁第二庁舎3F-A3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です