個人面接とグループ面接を比較してみた

面接対策アイキャッチ1

こんにちは。

インターン卒業生のユッキーです。

突然ですが、みなさん最近震えてますか?

僕は一昨日の14:35に震えてました。

別に恋人と会いた過ぎて震えたわけではありませんと言うか恋人いません募集中。

震えた理由は初めてのグループ面接だったからです。

舐めていました。

対策なんてしていませんでした。

めっちゃ震えたので面接官に「歩くバイブレーション」ってあだ名つけられたと思います(被害妄想)

個人面接では震えるほど緊張したことはありませんでした。

なんでそれほど緊張してしまったのか!?

ということで、今回のテーマは「個人面接とグループ面接の違い」について書いていきます!

 

 

逃げては通れない道「面接」

就活をする上で面接から逃げることはできません。

「人と話すのが苦手…」という人にとっては苦痛かもしれませんね。

面接で聞かれることは各企業で変わってきます。

個人的に一番印象に残っている質問は「あなたのどんなところが好きですか?」です。

不意打ち過ぎたので思い付きで「時々見せる素敵な笑顔です(笑)」と答えたらもちろん落ちました。

ネタには出来るけど実際笑いごとじゃないのでこの事象について考えてみました。

面接官は質問の答えに対して「それはなぜ?」を求めてきます。

その先に就活生の本質や本音を見ようとするからだと思います。

(面接官目線から)ダメな回答として

  • 企業と考えが合っていない
  • 回答が答えになっていない

の2つがあると思います。

前者なら最高です。

なぜなら就活は自分にマッチした企業に入ることが目標

マッチしない企業に受かっても意味ないですもの。

僕の場合は後者だったと思います(笑)

完全に自分の能力の問題です。

日頃から自分に対して「なぜ?」と問う癖をつけておこうと思います。

個人面接

PA285415_3 copy

大抵個人面接は1対1です。

たまに2対1も。

いずれにしても””見られる””のは自分だけ。

僕の場合「人事を引き付けてやる」って想いで面接に臨みます。

とは言いつつ意識しているのは自然体の自分でいること

基本的に嘘はつかないように心がけています。

なぜならさっき書いたようにマッチした企業に入社することが目的なので。

グループ面接

僕のケースでは就活生7人と人事2人で面接を行いました。

面接が始まって僕は驚きました。

「他の就活生のトークうまっ!!!」

徹底的に仕込んできてる感やばかったです。

「か、勝てねぇ…」って思っちゃいました。

だってぼくと比べて本気度が違うんすもん。

オーラが違うんすもん。

ちなみにその選考は落ちました(笑)

どうして落ちたのかもメールに乗っていたので紹介したいと思います。

積極的に話をしておりましたが、話している姿が少し暗めの印象でした。

つらっ。暗めの印象って…。つらっ。

わかってるんです…。

だって、自信をもって話せませんでしたから!

比較

個人面接とグループ面接、この二つを比べると何が違うんでしょうか?

僕が考えるに、誰が雰囲気を作るのかだと思います。

実際グループ面接の時には一人の女の子が完全に主導権を握っていました。

その子は面接官と既にコンタクトを取っていたようで、面接以外でも気さくに会話していました。

では、どうしたらグループ面接でうまく話せるのか?

さすがに面接官と先に知り合っておくのは難しいですが、せめて「自分が一番いい人材なんだ!!!」というセルフイメージで臨みましょう。

そのセルフイメージを持っていれば鋼の心を手に入れ、自信満々に話せます。

そのためには普段から徹底的に自己分析&面接対策(表現力を磨く)をしておく必要があります。

その2つをしていないと話しているうちに何をしゃべっているかわからなくなり、自信をもって話すどころではなくなってしまうので。

まとめ

個人面接とグループ面接を比較してみて、グループ面接の方がメンタルの強さが求められることがわかりました。

しかし、やるべきことは変わりません

自信をもってハキハキと!を出来るようにすること。

個人面接でもグループ面接でもうまくやる人はそこを徹底的にやってきています。

なぜなら自信をもって話すため!

それが出来ればグループ面接でも無敵…かも?

以上、自戒をこめて書きました!


秋田総研もLINE始めました!
無料クーポンや就活情報などお得でためになる情報を発信中!
友だち追加
↑押すと友達登録されます!
ご相談は
お問合せするをクリック!

●個人の方向け
就職相談(学生)、転職相談(社会人)、メンタルヘルス相談
履歴書・ES添削、面接対策、筆記試験対策、資格試験対策

●自治体様向け
ワークショップ(生涯学習、地域協働、ダイバーシティ、男女協働参画、地域づくり、夏祭り企画、イベント企画、人口問題、若者支援)

●企業様向け
新入社員研修、若手研修、中間管理職研修、経営者研修、採用実務代行、人事研修、インターンシッププログラム相談
秋田就職総合研究所
秋田県秋田市山王3-1-1 秋田県庁第二庁舎3F-A3