今、1番秋田に必要なもの。

Pocket
LINEで送る

秋田総研のまこっちゃんです。

 

今回は前回の最後に述べた通り情報について述べていきます。

氾濫している『情報』

私は19歳ですが、15歳の頃あたりにスマートフォンが普及し始めて

Line,Twitter,FacebookなどのSNSが同時期くらいに流行り始めました。

hpfree2-3

 

ネットインフラ上の情報には『流動性』があると考えます。

画面をスライドする中で膨大な情報の中から、自分にとって必要な情報だけを選ぶ

という行為を無意識ながらだれしも行っていると思います。

ここには情報は与えられるのではなく取りに行くという構図があると思います。

情報受容者主体の関係であります。

 

ゆえに、『情報』は与えられえるものではなく

受容者に受け取られるものに変化しているのかと思います。

 

情報の行き違い

 

さて、話を秋田に戻します。

若者は『秋田の情報がない! 秋田に会社はあるの?  なにも流れてこない!』

と主張していて、

社会人は『若者に情報発信しても伝わらない! 若者が情報を取りに来ない!

じゃあ、一体どんな情報がほしいの??』

と主張します。

ここには、

『情報があるのに伝わっていない』構図が見えます。要は情報が伝わりきらない。

これは県内の学生にも当てはまるのに、

首都圏に流入した学生はもっと情報が入ってきません。

 

若者からすれば、

氾濫している『流動性のある情報』の中に自分の必要なものを選んでるのに、

そもそも県のHPやWebサイトにたどり着ける発想ができる学生は100人中5人もいるでしょうか?

おそらくいないと思います。

また、行政や企業の配布される冊子は難しすぎて何が書いてあるかわからない 😕

と感じて、自然と学生は行政や企業に壁や上下関係があると感じている気がします。

 

freeicon-5

社会人からすれば、そもそも情報を集める努力をしていないのに

あたかも発信していないという言い分に腹立だしいと思うし、

せっかく作った冊子やチラシを一目みて手放される虚無感はあると思います 😥

また、ここまでしてるのに伝わらないなら方法はない・・。と言いたくなります。

hpfree8

 

どちらの言い分も私は正しいと思います。

 

しかし、このままではいつまでも生きた情報がお互いに巡りません。

いかにしてこのすれ違いを埋めるか・・

いかにして情報をお互いに送受信し合うか・・・・。

 

情報発信のできるネットワークが必要

そこで情報発信のできる『秋田出身の学生コミュニティ』を作ることが必要であるとかんじました!

冒頭で述べたように、

受容者主体の時代だからこそいかにして情報を受け取って、選んでもらうか。

 

学生のみなさんなら経験あると思うけど、同じ情報でも『誰に』いわれるかで

死んだ情報が生きた情報に変わると思います。

(友人に聞いた情報は聞き入れやすいなど 😛 )

 

これをいかして

行政や企業の情報をコミュニティが受け取りそれを学生間で流せば

きっと有効に情報が回ると思います。

 

例えば、

秋田の企業セミナーを開きたいと学生のほしい情報を察知して、

そこから企業さんや行政に伝えることで『学生の生の情報』が伝わり、

「じゃあ、学生向けのセミナーを行うか!!」ということも可能になります 🙂

 

Aターンを促すためには、まずはしっかりとした情報をしっかり学生に届けるのが最初のステップじゃないでしょうか?

 

また、秋田から首都圏に来た学生で

  • 秋田の為に何かしたいけど場所や人がいない…
  • 同郷の仲間がほしいなぁ。
  • 最近面白いことがねぇしつまんねぇぇ

という人は少なくないと思います。

 

そんな人を集めて、何か面白いことを自分たちで企画したりして間接的にも秋田に貢献できるようなコミュニティを作りたいです。

生まれ故郷について同世代で改めて考えてみる機会を作ることは、今の時代だからこそ必要なことだと思います。

 

自分たちの故郷のことを楽しく語りながら、

自分たちでもできることを考えて、

それを生まれ故郷の同年代が集まって計画・実行するような。

 

サークルでも学生団体とは違う一味違う学生のネットワークを構築すること。

誰もが所属できて、誰もが主人公になれるようなコミュニティ。

これは今の時代だからこそ必要なものだと思います。

 

現在私はこのようなコミュニティを作ることを企画してます。

が、まだまだメンバーを募集しています。(笑)

「首都圏にいる秋田出身の学生さん」、お待ちしております。

 

ありがとうございました。


首都圏の学生を中心に、秋田出身の学生のネットワークを作ろうというプログラムの立ち上げ事務局をまこっちゃんにお願いしております!

興味のある方は

問い合わせする
FBページを見る
友だち追加
のいずれかからご連絡ください!

まこっちゃんの2/10~3/4のインターンシッププログラム
地域ベンチャー留学
「秋田〜東京アンテナープレナー養成講座」
(総務省プロジェクト)

秋田就職総合研究所
秋田県秋田市山王3-1-1 秋田県庁第二庁舎3F-A3

One Comment
  1. Pingback: 噂のまこっちゃんまとめ | 秋田就職総合研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です