診断します。あなたは重度な病気を抱えています・・。

Pocket
LINEで送る

秋田総研のインターン生のまこっちゃんです。

 

いきなり怖いタイトルですが、

もちろん全員ではありません。

 

しかし、首都圏に住む人々はある病気である

可能性大です!!

hpfree73

診断します。

あなたは『自然欠乏症候群』です。

なぜそう言い切れるのか、おそらく私もこの病気を抱えている

気がするからです(笑)

 

というのも、

前にライフサークルに参加したときに、Aターンをした人によるお話を聞いていて

司会のお姉さんが

「やっぱり、『自然欠乏症』なのかもしれませんね~」

と言っており、詳しく調べたという経緯です(笑)

2016年2月19日 ライフサークルin横手市

 

  1. 何かやる気が起きない
  2. 少しのことが気に障ったり、いらいらする
  3. 眠れない、また朝起きれない
  4. 食欲がない

これらのどれかに該当する方は、

注意するべきだと思います。(私は2.3.4該当www)

 

今回これを記事にしたのは、

このことは現代を生きる私たち、

とくに首都圏に住む人にとっては今後、いや

すでに苦しんでいる人が多いのではないかとおもったからです。

 

『自然欠乏症候群』

 

◎自然欠乏症候群とは?

文字からも推測できると思いますが、

自然が不足してしまうことで体のバランスを少しづつ狂うことです。

 

hpfree109自然の中の一部である人間は元々自然の中にある音や季節感、雲や風、星の動

き、朝昼夜の生活リズムなどを感覚的にとらえて生活してきました。

 それが特に都心部ではビルに囲まれ、土や木は慰め程度に存在するだけで、日

常的に本当の自然に触れる機会が異常に少ないのが現状です。

http://dual-lab.com/natural-deficiency/(引用)

 

◎海外では既に対策を打っている!?

日本ではあまり話題にはなっていませんが、

実は調べてみると欧米を中心に、

自然欠乏症候群を改善するための政策をしたりと

立派な病気として認識していることがわかりました 😯

 

赤ちゃんとMac

 

驚くのは、カナダやスウェーデンなど、自然が豊かなイメージがあるところでも、『自然欠乏症候群』の対策がなされていること。子どもが自然に触れる機会を定期的に作っているそうです。http://j-p-a.jimdo.com/(引用)

◎個人の経験から

 

私は秋田にきてから、

  1. 朝ごはんを食べるようになり、一日三食たべるようにもなった
  2. 朝の目覚めがよくなった
  3. イライラすることが限りなく少なくなった

嘘じゃありません!!(笑)

これらをほんとに実感しています。

hpfree92

いろんな要因はあると思いますが、

少なくてもよい空気、きれいな山並み、澄んだ空のある土地

1か月生活していることはでかいと思います。

 

◎対策

だからといって、

『みんな秋田に1か月くればいいんだ!!』

『都会からでてけ~!!』

なんて非現実的ですね 🙁

 

  1. 長期の休みには自然あふれるところに旅行する
  2. 公園などで体を動かす
  3. 画面から目を離すことを心掛ける
  4. 植物を栽培する

 

こういうちいさなことでいいと思います。

とにかく自然を身近にする努力をして、

『自然欠乏症候群』を未然に防ぎましょう!!

 

わたし個人の意見として、インターンを終えて帰った後に

また自然欠乏症になってしまわないかがとても心配です。

 

 

 

ありがとうございました。

 


首都圏の学生を中心に、秋田出身の学生のネットワークを作ろうというプログラムの立ち上げ事務局をまこっちゃんにお願いしております!

興味のある方は

問い合わせする
FBページを見る
友だち追加
のいずれかからご連絡ください!

まこっちゃんの2/10~3/4のインターンシッププログラム
地域ベンチャー留学
「秋田〜東京アンテナープレナー養成講座」
(総務省プロジェクト)

秋田就職総合研究所
秋田県秋田市山王3-1-1 秋田県庁第二庁舎3F-A3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です