時間の使い方のコツ

Pocket
LINEで送る

こんにちは。清潔感漂うホームレスのぐっちです。

ぼくのインターン先である秋田総研の代表、須田さんに同行して湯沢に行ってまいりました。1日須田さんに密着して、一番感じたことは、自分との時間の使い方の違いです。

 

ほんとうに多くの方が時間の使い方に悩んでいるようです。

 

そこでぼくが、時間の使い方が上手いらしい「翔さん」ではなく、経営者である須田さんの時間の使い方を見て気付いたことを紹介したいと思います。

 

時間の使い方のコツ

自分の作業にかかる時間の把握

あなたは、自分が部屋を掃除するときに何分かかるか知っていますか?自分の家から学校までの移動時間を正確に把握していますか?晴れの日は何分かかりますか?雨の日は何分かかりますか?

 

時間の使い方を効率よくしていくために最も重要なことは、自分がどの作業にどれだけの時間がかかるのか把握しておくことです。自分に必要な作業時間がわかっていないのに、1日の予定を立ててしまうと、「予定していたことの半分も終わらせられなかった…」なんてことになりかねません。

 

ぼくも、「これは簡単だから5分で終わるな」と思っていた作業が、実際に測ってみると、8分くらいかかっていました。実際には8分かかるのに、自分では5分で終わると思っている作業を5回繰り返したら、15分のロスが生じてます。
もし機会があれば、時計を見ながら、自分の作業時間を測ってみるといいかもしれません。

 

考える時間との付き合い方

N811_oyatunojikanwosasutokei_TP_V
作業する時間と違って、アイデアを練ったり考えたりする時間の管理には、工夫が必要です。

人が何かをひらめくときというのは、運転しているとき、シャワーのとき、ランニングをしているとき、友達とご飯を食べているときなど、何かの作業をしている場合が多いです。その方が効率もいいので、あえて時間を取らず考えることをオススメします。

 

しかし、中には「何か作業をしながら考えるのが苦手」という人もいるかと思います。そんな方は、何かを考える時間と取るときは、15分だけにしましょう。人が集中できる時間は15分と言われています。15分ごとに集中力の波あって、高まったり切れそうになったりします。思ったよりも短いですね。だらだらと考えていると、頭だけが疲れてしまって、他の作業にも影響が出てしまう可能性があるので、15分考えて何も思いつかないときは、また別の機会を設けるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?タイムマネジメント力は、社会人になって求められる重要な力の1つです。今のうちから意識して時間の管理をしていれば、社会人になってからも役立つこと間違いなしですね!


秋田総研もLINE始めました!
無料クーポンや就活情報などお得でためになる情報を発信中!
友だち追加
↑押すと友達登録されます!

ご相談は
お問合せする
をクリック!

●個人の方向け
就職相談(学生)、転職相談(社会人)、メンタルヘルス相談
履歴書・ES添削、面接対策、筆記試験対策、資格試験対策

●自治体様向け
ワークショップ(生涯学習、地域協働、ダイバーシティ、男女協働参画、地域づくり、夏祭り企画、イベント企画、人口問題、若者支援)

●企業様向け
新入社員研修、若手研修、中間管理職研修、経営者研修、採用実務代行、人事研修、インターンシッププログラム相談
秋田就職総合研究所
秋田県秋田市山王3-1-1 秋田県庁第二庁舎3F-A3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です