【インターン】一般大生は本当にしょーもないのか

Pocket
LINEで送る

こんにちは。一般大生のぐっちです。

ガストンさんのこちらの記事を読みました。

しょーもない一般大生ほんと多いぞ気をつけろ

なかなか過激な内容で、話題を呼んでいます。美大生の著者が、一般大生(美大生や音大生ではない大学生)について批判した内容となっています。今回は、一般大生であるぼくが、このブログを読んだ感想と、このブログを読んでドキッとした一般大生に向けてのお願いを書きたいと思います。

感想

max16011508-2_TP_V

何が悪いんだろう?

読んだ感想としましては、結局何が悪いのかよくわからなかったです。

起業したいこと、世の中に価値を生み出したいこと、イノベーションを起こしたいこと、試しにイベントをやってみること、夢を語ること、それの何が悪いのか、ぼくにはわかりませんでした。

肩書きは便利だけど…

freee151108028752_TP_V

おそらくですが、「実力が伴っていないくせに、見た目や肩書きばかり意識して、やりたいこともろくに説明できないこと」が、許せないのではないかな~と思いました。

たしかに、肩書きはあくまで肩書きです。社長だからスゴイとか、何かの代表だから偉い、ということはないです。肩書きはわかりやすいけれど、その人そのものを言い表すことはできません。肩書きで人を判断したり、自分を評価してもらおうとするのはやめましょう。「どこの会社に勤めるのか」ではなく、「自分には何ができるのか」を追求しましょう。

 

一般大生へ

それでも言うし、それでもやる。

1024x680xsuccess-1024x680.pagespeed.ic_.LOpIzY2Ql5

「意識が高い」という言葉が、褒め言葉ではなく、人を嘲笑する意味になってから、相当時間が経ちました。きっと、学生の中には、「意識が高い」と言われることを恐れて、学外の活動に参加したり、学生団体に所属したり、授業で積極的に発言したりすることができなくなってしまった人がたくさんいます。本当はやりたいはずなのに。

例えば、今はまだ実力が伴ってなくても、「世界一のギタリストになる!」「プロのサッカー選手になる!」「世界中の人を幸せにする!」「億万長者になる!」と、心に決めて宣言した日から、その夢への道は始まっているはずで、それを他人が馬鹿にしていいはずありません。身の程知らずなことも、自分のエゴだってことも、自分が一番わかっています。

だがしかし。それでも言うし、それでもやる。

「本当に価値があるのか?」「本質と違うんじゃないか?」そんなことで悩むくらいなら行動した方がいいです。人の意見に右往左往せずに、自分で考えて進んでいれば、いつか本物になるし、本質も見えてくるはずです。そこで自分が諦めるならそれでよし。また別のことを頑張ればいいだけです。行動してると、少し注目されるし、注目されると「調子乗ってる」と馬鹿にされます。絶対批判がきます。

それでも言うし、それでもやるのです。

大事なので2回言いました。自分とまともに話したこともない人の批判なんて屁でもないです。

素直にありのままで

秋田にも、人のことをとやかく言う前に本気で行動し続ける人が増えていくといいなと思います。まだまだ未熟だけど、そういう人になるためにぼくも頑張っている最中です。自分のやりたいことを一言で言えないのは、何かやりたいけど何をしたらいいかわからないからだと思います。ぼくも正直自分のやりたいこととか、まだよくわかっていません。ただ、「何がやりたいの?」と聞かれれば、「やりたいことを探すことだ」と自信を持って答えます。自分のやりたいことや、やっていることをボンヤリさせるくらいなら、「やりたいこと探してます!」と正直に言いましょう。やりたいことを探すのも、立派なやりたいことです。だから、「何かやりたい!でも他人から馬鹿にされるのが怖い……。」っていう人がいたら一緒にがんばりましょう。応援するしお手伝いします。

それでは、今日も1日素直にいきましょう。


秋田総研もLINE始めました!
無料クーポンや就活情報などお得でためになる情報を発信中!
友だち追加
↑押すと友達登録されます!

 

ご相談は
お問合せする
をクリック!

●個人の方向け
就職相談(学生)、転職相談(社会人)、メンタルヘルス相談
履歴書・ES添削、面接対策、筆記試験対策、資格試験対策

●自治体様向け
ワークショップ(生涯学習、地域協働、ダイバーシティ、男女協働参画、地域づくり、夏祭り企画、イベント企画、人口問題、若者支援)

●企業様向け
新入社員研修、若手研修、中間管理職研修、経営者研修、採用実務代行、人事研修、インターンシッププログラム相談
秋田就職総合研究所
秋田県秋田市山王3-1-1 秋田県庁第二庁舎3F-A3

2 Comments
  1. こんにちわ、一般大卒のもやもやした気持ちを代弁してくれる文章を拝見しましてスッキリしました!ありがとうございます。
    当方、文学部卒のいわゆる一般営業マンを8年やっておりますが、やりたい仕事をして、やりたいことを日々やって、毎日幸せに過ごしております。
    「何が悪いんだろう」私もすごくそう思いました。
    夢を語るも、とにかく行動するも、とても素敵なことなのに。
    個人的には「やりたいこと」っていうのは「○○になる」ではなくて、文字通り「○○をしたい」「○○をする日々を送りたい」のほうがしっくりくると思ったりしています。

    明日は今日より美味しいご飯が食べたい!と思ってたらお店にも日本酒にも料理にもだんだん詳しくなってきていたし、毎日子どもの笑顔を見て過ごしたい!なら保育士は一つの選択肢であり、絵本作家でも、サラリーマンが土日ピエロやったって、わが子の友達と日々遊んだっていいんだと思います。

    ぐっちさんのおっしゃる通り、素直に、ありのままでいれば、意外と答えはもう目の前にあったりするのです。
    今日の過ごし方を、この30分の過ごし方を、無意識のうちにみんな自分で好きなほうを選び続けて今があるのですから。
    やりたいことを探すことがやりたい、いいですね。
    どうせやるなら世界一のやりたいこと探し家(って何だろうって考えながら)になって、生涯あれもこれもどれも飛び付いてやりたいことを追究し続ける超人になっても面白いかもしれませんよ(笑)
    突然の長文失礼致しました。一般大卒の妄想力ってのはまぁこんな感じですね。勝手ながらぐっちさんの素敵な未来を心よりお祈り致します。

    • 想いのこもったコメントありがとうございます!
      記事作成者のぐっちです。

      ぼくはまだわからないことだらけです。この記事の考えも、明日には変わってしまうものかもしれません。
      ただ、こうして自分の想いに共感し、応援してくれる方がいることが、また心が変化するとき、悩むとき、迷ったときの自分の背中を押してくれます。

      これからも、今に目を向けて素直に自分らしくいたいと思います。
      温かいコメントを本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です