シャカイジンへの道-40【もう一つの場所】

Pocket
LINEで送る

秋田総研もLINE始めました!
無料クーポンや就活情報などお得でためになる情報を発信中!
友だち追加
↑押すと友達登録されます!


シャカイジンへの道40

シャカイジンのみなさん。会社や家族・親戚などのつながりのほかに、食事したり遊びに行ったりできる「いつもの生活を超えた友人」は、どれくらいいますか?

東京大学が行ったある研究では、幸せの尺度を測るときの基準の一つに「自分がつながっているコミュニティーの数」というものがあるそうです。家族や親戚、会社の同僚など、いつもの生活でのつながりは誰にでもあると思いますが、それ以外にみなさんは、どんなつながりをお持ちでしょうか。

異業種交流会で知り合った人、町内会、社会人勉強会、習いごとが一緒、祭りの実行委員、高校の同級生…。小さなコミュニティーには価値観や感受性の似ている人が多く集まるため、話題や共感などを得やすく、安心できる場所になります。「類は友を呼ぶ」が、良い意味で的を射ていると思います。

地方創生が注目されていますが、その地域で暮らす人たち一人一人が幸せであることが、その基本になると思います。その地域で暮らす人たちが小さなコミュニティーをたくさん形成できるような社会には、大事な観点があると思います。それは自分と異なる立場、いわゆるダイバーシティの尊重です。
ダイバーシティ社会とは「少数派が受け入れられて活躍できる、多様性を尊重した社会」のことです。一般的に少数者は障害者や外国人のことを指す場合が多いと思いますが、地域社会で小さなコミュニティーをつくる時には、若者も少数派に入ると思っています。

どんな方にも若者だった時代はあるのですが、社会生活を積み重ねているうちにそんな時代を忘れてしまいがちです。若者は「いつもの生活にはいない、世代を超えた友人」になります。若者には、理解に苦しむ面がある一方、常にその時代を反映しています。現在50年代前後の方々が新入社員時代には「新人類」と呼ばれ、当時の大人たちから見て、理解しがたい若者であったことはご記憶の通りです。

価値観や働き方が多様化し、仕事以外の時間が人生の質を決める大きな要素になっている時代です。まず、町内会の行事に参加してみたり、ボランティアや市民活動に参加してみること、新しい趣味を持つことから始めてみてはいかがでしょうか。
複数のコミュニティーに属するということは、自分が安心できるもう一つの場所を増やすことだともいえます。自分のコミュニティーを増やしていくことで、人生を、より幸せで豊かなものにしていきましょう。

(特定非営利活動法人プラットフォームあおもり フェロー 須田紘彬)

参考リンク:プラットフォームあおもりHP

【参考リンク】

幸せは「人それぞれ」であるがゆえに、いろいろな尺度のもとに考えなければなりません。

誰かの幸せを、他人に押し付けても、同じ幸せではないわけです。

我々は、仕事も家族も、自分以外の他者と過ごすことになります。

お互いを尊重し、譲り合い、共感できるような社会が理想ですね。

 


ご相談は
お問合せする
をクリック!

●個人の方向け
就職相談(学生)、転職相談(社会人)、メンタルヘルス相談
履歴書・ES添削、面接対策、筆記試験対策、資格試験対策
●自治体様向け
ワークショップ(生涯学習、地域協働、ダイバーシティ、男女協働参画、地域づくり、夏祭り企画、イベント企画)
●企業様向け
新入社員研修、若手研修、中間管理職研修、経営者研修、採用実務代行、人事研修
秋田就職総合研究所
秋田県秋田市山王3-1-1 秋田県庁第二庁舎3F-A3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です